体質は変えられる~薬膳講座最終回のご案内~

体質は変えられる~薬膳講座最終回のご案内~

本日は雪!

最高気温が3℃という寒さですが、体調を崩していませんか?

 

私は1月下旬に、人生初のインフルエンザに感染しました。

一瞬たりともじっとしていられない全身の痛みと関節痛があり、普通の風邪とは一線を画すほどの脅威を感じました。

 

「インフルエンザウィルス、つ、つえー」

 

ほとんど食欲はなく、唯一食べられたのは、みかん、りんご、いちご。

 

薬膳的に見てみると、

○いちご:からだの熱を冷まして、のどを潤す。胃腸の働きを高め、消化促進。

○りんご:からだの余分な熱を冷まし、潤す。口の渇きに。消化機能を高め、痰をとる。

○みかん:気のめぐりを良くし、のどや胸のつかえを取り除く。

 

いちごやみかんはビタミンCも豊富で免疫力を高めます。

 

からだが弱っているときほど、からだが本当に求めるものしか食べられなくなるもんですね。

 

でも、普段は食べられる食材の幅が広いので、自分のからだが求めている食べ物ってわかりにくいです。

 

温かい飲み物でからだを温めることはできても、

疲れやすい体質、乾燥肌、むくみなどのちょっとした不調を改善したいときに

合った食事は直感的にはなかなか分かりません。

 

 

薬膳は、日々のからだの症状から、どんな食材や料理があなたの体調を整えるかヒントをくれます。

自分に合った食材を見つけるための近道として試してみるのが吉。

 

第5回の薬膳講座は、今の季節にもぴったりなテーマ、「寒がり・疲れ・下痢体質を改善する薬膳」です。

 

寒がり・疲れ・下痢体質の方は、中医学の体質分類でいう「気虚(ききょ)」「陽虚(ようきょ)」の状態であると考えられます。

「からだをめぐる気の量が圧倒的に不足している状態」ということです。

 

<気が不足すると出てくる症状>

□ 疲れやすい・倦怠感がある

□ やる気がない

□ 寒がり

□ 風邪をひきやすい

□ 何もしなくても汗をかく

□ 少し動いただけで息切れする

□ 朝すっきり起きられない

□ 食後眠くなる

□ 食欲がわかない

□ 下痢しやすい

□ 不正出血がある

□ 顔色が悪い

□ むくみがひどい

□ 体を温めると体調がよくなる

□ 腰痛がある

□ 抜け毛が多い

□ 頻尿・尿漏れがある

 

これらの症状に複数当てはまる方は、

気を補う食事や、気を消耗しない生活習慣をすることが大切です。

体質を悪化させないためにも、薬膳を学んでご自身の体をケアしませんか?

 

薬膳のキホン2018 ~体質に合った一人ひとりの食養生~
第5回:寒がり・疲れ・下痢体質を改善する薬膳
<日時>2019年2月17日(日)11:00-14:30
<場所>金剛院蓮華堂(池袋駅から1駅。椎名町駅から徒歩30秒)
<講師>
国際薬膳師・管理栄養士 岡本正子さん
3人の子を育てながら栄養学を学び、40歳で栄養士の資格をとったパワフルなお母さん。助産院にて、産後のお母さんに、栄養価が高いのはもちろん季節を感じられる彩り鮮やかな食事を日々作っていらっしゃいます。国際薬膳師の資格をもち、“栄養学と薬膳のいいとこどり”で、おいしく食べて健康になる秘訣をお伝えしていただきます。
☆主な著書・監修本
『びちくでごはん』子どもの未来社
『自然なお産献立ブック』自然食通信社
『矢島助産院の元気ごはん』徳間書店 
『うちのおすすめ!離乳食レシピ100』PHP研究所
『妊娠&授乳中のごはん150』日東書院
『子どもが元気に育つ 毎日の簡単ごはん』学陽書房
<タイムテーブル>※若干変更になる可能性があります。
11:00~ アイスブレイク・自己紹介
11:30~ レクチャー&台所薬膳デモンストレーション
12:20~ なゆたカフェ&国際薬膳師・管理栄養士の岡本正子さんお手製薬膳ランチ
13:10~ 対話型ワークショップ(模造紙を囲んで、参加者と一緒に、セルフケアや薬膳実践ついて対話しましょう)
14:10~ まとめ
<定員>15名(女性限定)
※男性のみなさまごめんなさいm(_ _)m
<参加費用について>
●単回で参加:お一人様 5,000円(税込)
★ペア割・シェア割★
ご家族・ご友人と一緒のお申込み、またはFacebookイベントページをシェアいただくと、おひとり様4,800円(税込)でご参加いただけます。
お申込はこちら→
*****************************************
◇主催◇『学びの食卓』プロデュース
『学びの食卓』プロデュースは健康でありたい人と健康であってほしい人をつなぎます。
*****************************************